釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

笑っちゃえ

ギャンブル依存症

おはようございます。

皆さんパチンコ打ってますか?

色んな規制が入り数年前と今のパチンコは大分テイストが変わっていますよね。

スロットもそうです。

私が最近気になる台があります。

大工の源さん超韋駄天です。

この台をご存知でない方はネットで検索してみてください。簡単に言うと大当たり確率が320分の1くらいで、約50%の確率で確変に入ります。

よくあるスペックだと思いますが、この台の特徴は確変にあります。

台にもデカデカと書いてありますが、継続率はなんと93%もあります。確変4回転の間に、この93%を引けるか。それが勝負です。

4回転なので、当たる時は5秒で当たります。出玉は普通だと300玉くらいですかね?すみません、うる覚えで、改めて検索する気にもならないので記憶で書いております。たまにスーパーみたいなのが来て、1000玉くらいもらえるんだったかと思います。

今回はこの確率について考えてみました。

けたたましい音と共に訪れる至福の時…

30秒で終わります。

Twitterでもコメントいただきましたが、一生懸命何時間も台の前に座り、至福の時はなんと300発、30秒で終わるのです。

当然その覚悟で皆さん打つのでしょう。後悔ありませんよね?笑

いやいや、それはないでしょう。

恐らく悲しむ暇もなく終わって、放心状態だと思います。

あと、

「93パー継続なんだから単発とか2連で終わるなんてほとんどないわ!」

と思う方。

ぜひ打ってみてください。あなたの引きは、神がかっています。

恐らく、

そもそも当たらない。

確変に入らない。

5連以下で終了。

この3つのどれかが起こりますよ笑

確変に入る確率が、単純計算で640分の1、そして単発はその後7%、つまり100分の7の確率で起こります。

6400分の7

これが確変単発の確率です。

約分できませんが、分子を1にすると、914分の1です。

あなたはこの台で確変単発を何度くらいましたか?

その度に、914分の1を見事に引き当てているのです!凄いですよね!ある意味神がかったヒキだと思います。

ただ、ここで考えて欲しいことがあります。

それは、

メーカー発表の継続率の信憑性と、ボーナスフラグの立て方です。

私は長年スロパチを経験してきましたので、体感的にわかります。

発表されているあの継続率は明らかにおかしいです。そこを疑わないから、カモにされるんです。

スロットでも、ジャグ連と言う言葉を聞いたことありませんか?

完全確率のはずなのに、何故か100G以内に連チャンする可能性が高い。という昔からの定説です。

オカルトだと思いますか?

私はそうは思いません。

一つ言うと、パチンコやスロットのボーナスフラグとは、毎回機械が320個や120個のボールの中から、一つを抽出しているわけではないということです。乱数を使って、基盤が当たりとハズレを振り分けているんです。

あなたの球がチェッカーに入った時や、レバーオンした時に選択はされていますが、言い方的に、抽選はしていないんです。ピックアップしているのです。

だから当たりに波が生まれます。

高設定でも負けることもあれば、低設定でも勝つことがあるのはそのためです。

話を戻して、大工の源さんもそうです。あなたは914分の1をひいたと思っているかもしれませんが、ちがいます。

あなたの引いた確変単発は、3分の1くらいでフラグが立つように制御されていたんです。

メーカーは完全確率と豪語しますのでこれはあくまで私の私見であり、経験に基づいた推測です。最後の判断は自己責任でお願いします。

大工の源さんで確変単発をくらった時は、この記事を思い出してください。

そして、笑ってください。悲しむ必要はありません。

あなたは奇跡的にその単発食らったわけではないのだから。

そして、笑ってパチンコ辞めましょう!

これが現行の最強機種です!笑

ギャンブル依存は必ず克服できます!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました