釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

生きた心地。ギャンブル依存性

ギャンブル依存症

毎日同じ繰り返し。寝て起きて、仕事に行って帰ってまた寝て起きて。

あなたは毎日生きている実感がもてていますか?

私はたまに、現実がわからなくなります。なんというか、生きている実感が湧かない。夢なのか現実なのかわからなくなるのです。

気がついたら夜で、気がついたら朝。皆さんはいかがですか?そんな経験ありませんか?

妻には全く理解されません。言ってる意味がわからないとのこと。

ギャンブル依存の症状かもしれない

普通の人はこんなことは考えないのかもしれない。だとすると、自分はなんでそう思うのか。

結論、ギャンブルのせいだと思います。

ギャンブル依存性ならわかると思います。手もちのお金が全部無くなった時の感覚。一言で表すと、

「おわった」

そう思いますよね?負けるとそう思うんです。なんか全てのことがどうでもよくなって、全てが終わった気分になる。

もちろん現実は変わりませんので、パチンコ屋を出た瞬間にその気持ちがさらに強まります。

そして次に思うこと、

「もうどうでもいいや」

この気持ち。

普通の人はそんな気分になることは日常で滅多にないんです。

つまり、ギャンブル依存性になると感覚が麻痺するんです。脳が思考停止する。まさにその表現がぴったり当てはまります。

そうなると、日常で起こることには全く刺激を感じなくなるんです。

非日常を求める

喜怒哀楽の感情がおかしくなるので、怒りやすくもなります。人に当たったり、冷たくなります。他の人の喜びに共感できなくなります。

そして本人が求めるのは、

非日常。

非日常を味わうということはどんなことでしょう?現代の世の中で、非日常を味わうことは簡単です。

お金を払うこと。

非日常の体験は、お金を払えばできます。高価なものを買ったり、高いサービスを受けたり、高級料理を食べたり、夜のお店で女の子と遊んだり。

そして結局、お金がかかるんですね。

そして、お金お金お金…お金でその刺激を満たすサイクルに陥るわけです。

基本的に借金への入り口は非日常への欲求です。そのサイクルを変えない限り、死ぬまで繰り返します。

そして、ギャンブル依存性は求める刺激が普通の人よりも数倍大きい。

この事実を理解してください。

生きること

わたしもまだまだ未熟者ですが、生きていく上で、日常と非日常のバランスが大切だと思います。簡単に終わったと思わない、逆に超興奮もしない。それが普通です。絶頂や絶望はもっと山谷深いところにあります。

逃げてはいけない。現実を見る。

そうすれば、本当の喜びや悲しみを知れるはずです。小さく収まらず、大きな生き方をしましょう!

ギャンブル依存性は必ず克服できます!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました