釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

ギャンブルをやめられない最大の理由は自分の死を意識していないから

ギャンブル依存症

あなたがギャンブルをやめられない理由は何ですか?

お金が欲しいから?ストレスが溜まっていて発散したいから?純粋にギャンブルが好きだから?暇だから?それとも全部?

私は冷静に考えて、全部当てはまりました。時には、お金が欲しい、時にはストレス、気がついたらギャンブル…そんな感じでした。

結論は言うまでもなく、全て満たされていないんですが。

我慢できないんですよね。少しお金が手元に入ると増やしたいと思うし、仕事で疲れると、帰りに駅前でちょっとやりたくなるんです。

自分を止めるものなど、何もありません。

それは一応、それでも毎日の生活ができているから。

あなたは貧乏でも生きていく

私も改めて自己の経験から、考えました。こんなに非効率なギャンブルを繰り返す理由は一体なんだろうと。

そして、結論がでました。その答えは、

別に誰からも殺されるわけでもなく、なんとか生きられているから。

極論これです。

ギャンブル依存性になると、まずお金が無くなります。貯金も無くなります。そして借金をします。ここまでまず既定路線で、絶対に避けては通れません。借入額は最初は少額ですが、次第に増えます。嫌悪感を持っていたサラ金も、いつしか心の拠り所になり、増枠されると神のように感謝する存在になります。そして、気がつくと、返すためにまた他から借りていつしか多重債務者になり、全ての限度額がいっぱいになり、各社返済が滞り、最後には自己破産、債務整理をするか、完全に詰むか…それが一連の依存性の流れです。

ただ、ここまで行き着くのにも、早くて1年から5年くらいの時間の経過はあるでしょう。少なくてもこのくらいはなんとか生きられるんですよね。

だからやめられない。

あなたは負けても負けても次の金策を考えていませんか?

「家にあるアレを売ればいくらになる」とか、

「定期を解約しよう」とか、

「小銭貯金を両替すれば、3000円くらいになるな」とか、

「奥さんの財布から1万円抜いてもその日のうちに返せばばれないかも」とか。

多分あてはまりますよね。

あなたは自分が生き残るために、あらゆる手段を考えるのです。そして、また繰り返す。

つまりあなたは簡単に死なないから、本当の痛みを感じられないんです。

そんなこんなで、毎日を食い繋ぎながら、

「あと2週間で給料日、今手持ちはないけど、その日になればまとまったお金が入るから、ここで我慢すれば大丈夫」とか、

「仕事はちゃんとやっている。6月になればボーナスも入る、そこまで生き残れば大丈夫」

とか、未来に期待して、お金が入ってくる見込みを自分の保険にして、ギャンブルに注ぎ込んでいきます。

このままいくと死にます

しかし、この延命も10年20年続きません。

私もそうですが、このままギャンブルを続けたら、あなたはいつかは死にます。それは、身体的な意味でもあり、精神的にもです。破滅ロードです。既定路線。

ジ・エンドです。

今日明日、今月しのいでも、10.年後には死にます。死は悲しいですが、受け入れなければなりません。あなたの蒔いた種ですから。大逆転を夢見るのも結構ですが、そんかあなたに問います?宝くじ買ってますか?万馬券狙ってますか?

恐らく買っていませんよね。依存性は買えないんです。一発逆転を狙う思考は持てないんです。

そして、そのいつかの死は、名誉の戦死でも、我が生涯いっぺんの悔いなし!でもありません。寂しく、苦しく、惨めで、虚しい、孤独な死になります。

今日から死を恐れてギャンブルと向き合ってください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました