釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

ギャンブルを辞めてもまた始める

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症の皆様、お疲れ様です。そのご家族の方、お疲れ様です。

今回は、私自身が経験した、ギャンブルを辞めてもまた始めてしまうときの心理について、書きます。

同じ境遇の方、そのご家族の方は参考にしてみてください。

勝ったらさらに増やしたくなる心理

久しぶりにギャンブルをやりました。

スロット、パチンコ、競馬。。。

もはや大勝はできないとはわかっていますが、数万円の勝ちであれば、単発的には可能です。しばらく辞めていると、手持ちに資金が貯まっていることが多いので、まず心理的な余裕があります。

変な話、3万円くらいなら負けてもいいかな。みたいな感覚です。そして、不思議なもので、少し手持ちに余裕があると、勝てたりします。恐らくその理由は、このくらいの勝ちでいいかな、という止め時の感覚が生まれているからです。

基本的にやればやるほど負けるのがギャンブルです。のめりこんでいる状態は、もっともっと、となってしまうので、少しの勝ちでは満足できません。一時的には1万くらい勝っていても、それだけでは物足りず、続けてしまい、結果的に負けてしまいます。また、一戦必勝の気持ちが強くなるので、どうしても堅い狙いになり、配当期待値が低くなります。

そんなことで、久しぶりにやると、「まあ、このくらいでいいか」と思えることが多いので、意外と勝てるんですね。

ただ、ギャンブルの味を思い出してしまうのは、どちらかというと勝った時のほうが強いです。結局、今日1万円勝ったとして、軍資金が4万円に増えれば、次の日はその4万円を持ってまたギャンブルに挑みます。

そして、ギャンブルの連鎖に戻っていくのです。

2日目勝ったら、3日目も行きます。結局、依存症に逆戻りするんです。

負けたら取り返したくなる心理

とはいえ、久しぶりに行ったとしても、負ける可能性のほうが高いのは事実です。危険なのは、前述したとおり、久しぶりにやるので、手元に資金があることが多い。

つまり、熱くなってしまうと、初日で5万とか負けてしまい、一気に取り返しがつかなくなることがあるのです。

そして、これも連鎖で、「今まで止めていたのに、久しぶりにやっていきなり負けた。今までの分は諦めたとしても、今日負けた分だけは取り返す!」といった、変なリセット心理が働くのです。

そして、次の日もパチンコ屋に向かう。結局依存が再開するのです。

勝っても負けても終わりが来ない

つまり、勝っても行きたくなり、負けても行きたくなるのがギャンブル依存症なのです。

そして、ダイエットなどと同じように、今まで止めていたことのリミッターが外れてしまったとき、それは、非常に恐ろしいことになるということです。

「今度こそ本気でギャンブルを研究してやる」とか、先ほども述べましたが、「改めて収支を付けて、絶対にプラスにしてやる」などと、自分の都合のいいように解釈し始め、再度のめりこみだすのです。

これが、ギャンブル依存症は一生付き合っていく病気。と言われる所以です。

身の回りにはいろんな誘惑がある

ギャンブルはふとした瞬間に無性にやりたくなります。それは、昔のことを思い出すためです。なぜ思い出すかというと、あなたの心理的状態と、あなたの身の回りの環境がそうさせているからです。

駅前には必ずパチンコ屋がありますし、テレビを付ければ競馬の番組や、CMなども繰り返し放送されています。あなたは、常にギャンブルの魔の手に晒されながら、生きているのです。

これは、今後も変えられないでしょう。ただ、それを見ないようにしたり、なるべく避けることは可能です。あなたは、ギャンブルにはまる人間ですので、基本的にすべての誘惑に弱い人間だと自覚して下さい。あなたが意志の強い人間だとしたら、ここまでのめり込んで問題にはなっていなかったはずです。

最近は、YouTubeなども危険です。これまでよく見ていた方は、履歴を消しましょう。完全消去です。勝手に上位表示されるので、あなたへの誘惑度合いは非常に高いと思います。

パチスロやパチンコで流れる音楽も聞かないでください。音楽は洗脳物質を出します。口ずさんでしまったら、必ず思い出します。なるだけ避けるようにしてください。

今度こそお金を持ち歩かない

お金は持ち歩かないようにしましょう。これはあなたが一番わかっているはずです。すぐに銀行から降ろせる環境もやめましょう。ギャンブルはお金がなければできません。物理的にギャンブルができない環境を作るのです。

これは一番効果的ですが、一番ストレスが貯まります。例えばあなたがサラリーマンで、毎月の給料を専業主婦の奥さんに全額渡すと考えて下さい。

あなたは一生懸命に働いた給料が自分の手元には1円も入らず、何か使いたいときに、わざわざ奥さんにお伺いを立てて、お金をもらう感覚、納得いきますか?

「なんで自分が稼いだお金なのに、そんな恐縮してお金(お小遣い)をもらわなければならないのか」

そう思うはずです。それは自分の蒔いた種、仕方ないと心では思えても、日に日にそのストレスは募っていきます。この気持ちはよくわかります。ギャンブルに限らず、自分が使いたいときに必要なお金が自分の管理下にないことは、非常に苦痛で、ストレスです。

このストレスの発散は、また今度考えてみます。ただ、この手元にお金を置かないということが、腹落ち出来て、ずっと続けられれば、ギャンブル依存症の悩みが無くなることは確かです。

まとめ

以上、ギャンブルを辞めていても、1度始めると、なかなかやめられなくなります。それは勝っても負けても同じ。

依存症の克服で一番大切なことは、一度やめられていたことは、1度やってしまっても、これまでの努力や過程が無駄になったわけではないということです。よくあるのが、1度失敗したからもうだめだという人です。そんなことはありません。それまでの努力は1度のミスでなくなることはありません。

信じてください。自分を信じて、また新たな気持ちで過ごしていきましょう!

ギャンブル依存症は必ず克服できます!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました