釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

ギャンブル依存症なんて悲しいだけです

ギャンブル依存症

私がギャンブル依存症の当事者として一番罪悪感を感じること。それは、

嘘をつく人間になってしまったこと。

です。これが一番悲しいこと。

私自身、ギャンブルに依存してから、数えきれないくらい多くの人に嘘をついて生きてきました。そして、それは気が付くと、そんなウソは当たり前になっていて、罪悪感も無くなり、それが「私」という一人格になっていました。

つまり今の私は、長年のギャンブルが生み出した産物といっても過言ではないのです。本当の自分がどんな人間なのか、わからなくなってしまいました。

ですので、私自身、ギャンブル依存症の人だけは、絶対に信じられないんです。

それは自分が依存症だから分かります。

あなたの考えはいかがでしょうか?

毎日の仕事においてもそうです。依存者は常にギャンブルのことやお金のことを考えています。つまり、本来集中して考えないといけない、自分の役割に対して、どう頑張っても全集中できないんです。大部分の意識をギャンブルに支配されているから。

そんな精神状態では、いい仕事ができるはずはありません。やらなければならないことも、途中で投げたしたり、後回しにする、一日中パチンコ店でさぼることもあるでしょう。

また、仕事として商品管理や、金銭の管理を任されているのであれば、横領、窃盗なども最終的に厭わない、そんな人間だと思います。それがギャンブル依存症なんです。

当事者だからここまでわかります。だから悲しいのです。

ごまかさない 嘘をつかない

ギャンブル依存症は、簡単に嘘をつきます。病的に嘘を繰り返しついてしまいます。

そして、自分の行動を否定されないために、隠したり、ごまかしたりします。嘘に嘘を重ねるので、引っ込みがつかなくなることも多々あります。悪気はもはやありません。

お金が一番大きな要因です。お金さえあれば解決できる問題はこの世に多くあります。ただ、ギャンブル依存症は、”お金が無くなる”病気なので、お金で解決できた簡単な問題も、どんどん泥沼にはまってしまい、解決できなくなるんですよね。そこに後ろめたさがでて、さらにやってしまう。

こんな経験ありませんか?

”こっそり、使ってはいけない3万円使ってしまった。今週中に帳尻を合わせないといけないから、さらに3万円こっそり拝借して、もうひと勝負”

結果、すべて失い6万円なくなってしまう。3万円であれば、まだ許してくれたところ、3万円であれば何とか言い訳も出来たところ、6万円となると許される範囲を超えてしまった。

自分としては、なんとか3万円を取り返そうとした(関係性を壊さないため)ことが、相手の気持ちを踏みにじってしまい、自分も虚しい気持ちになる。

こんな経験はあなたにもあると思います。ただ、これは完全に自分勝手ですよね。ギャンブルで勝てるという感覚があるから、このような行為に至ってしまうのだと思います。これは変えなければいけません。ギャンブルは続けてやってはいけません。

自己の利得を優先させない

ギャンブル依存症は重い病気ですが、人から同情される病気だと思ってはいけません。すべて自分で蒔いた種、自業自得の病気なんです。

ギャンブルって楽しいですもんね。ギャンブルをしたということは事実。それは、楽しんだということです。あなたは自己の愉悦、快楽を優先させたため、今があるのです。

ギャンブル依存者は、上でも書きましたが、常に自分のことだけ考えています。

正確に言うと、他人に興味を持ったり、他人に思いを巡らすほどの余裕がないのです。自分のことで精いっぱいなのです。

悲しいかな、そのような他人への感情が無くなると、自分第一主義、自己の利得を優先してしまうんですね。最初は小さな嘘ですが、大きな犯罪にもつながりかねません。自分を正当化して、何でもやります。これから先もそんな自分でいいですか?

大切な人を巻き込んではいけない

これは一番大切なことです。

あなたにも親兄弟、妻、子供、親戚、友人、会社の同僚、大学時代の仲間など、この人だけは裏切れないなと思う人が少なくても一人はいると思います。

あなたはその人が悲しむ顔をみたいですか?その人をこれ以上巻き込みたいですか?

きっとその人は、あなたが本当に困っていたら助けてくれるはずです。なんの損得勘定抜きで。そんな人に対して、これからも嘘をついて生きたいですか?生きなければならない理由がありますか?

ギャンブル依存症は自分との闘いです。ですがあなたは一人ではない。あなたのことを本当に思ってくれる人がいることを絶対に忘れないでください。

今日という日を大切に、あなたが(私が)変わっていけることを強く願っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました