釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

悲しきパチンコパチスロ依存症

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症は、辞めたくてもやめられない。ギャンブルなんてやらないでいられたらどんなに楽か。自分でもそんなことはわかっている。。。

実は結構な時間、ギャンブル依存症はそんな風に考えています。

なぜなら負けることの方が多いから。後悔する時間が長くなるのは当然です。

依存症である自覚と、認めたくない自分が入り混じり、自分は二重人格ではないか。そう思うこともよくあります。それは二重人格ではありません。現実逃避です。

お金は天下の回り物ともいいますが、ギャンブル依存症でも常にお金がないわけではなく、バイトや仕事をしていれば、月に一回くらいはまとまったお金が手に入ります。もしくは、新しい借入先が見つかると一気に息を吹き返します。

つまり、たいていの人にはギャンブルをやるチャンスが定期的に巡ってくるんです。そして、お金が入ると、何より先にギャンブルに使う。いくらまで使ってもいいという、”遊興費”の考えではなく、それを元手に増やしてやろうと、”軍資金”だと考えてしまう。

何度もスリップしてしまう人は、他人事ではなく、自分はなぜ同じ過ちを繰り返すのか。それをよく考える必要があります。

あなたはなぜギャンブルを続けますか?

「作った借金を地道に返すのがむなしいからですか?」

「何かに触発されて、一発逆転の人生を夢見ていますか?」

「日常生活がただつまらないからですか?」

同じ依存症でも、環境は皆違います。借金の額も収入も、家庭環境も、年齢も。

あなたは自分自身のことに集中しなければなりません。あくまで自分だけに。

パチンコ店に行くといろんな人がいますよね。ただ、同じ台を隣で打っていても、その人とあなたは違うんです。全く境遇が違う。

たとえその人がドル箱を5箱積み上げていて、あなたが隣で5万円負けていたとしても、その人は首が回らないほどの借金をしているかもしれないし、実は違う台ですでに5万負けている人かもしれません。同じ台に座っているからと言って、比べる必要はないし、僻んだり、妬んだりしても全く無意味です。

例えば、老人があなたの横に座って、1000円で大勝ちしていたとしてもそうです。その老人の残りの人生はどれだけですか?もし今日その老人は勝ったとしても明日も明後日もパチンコやりにきて、最後にはお金は無くなります。そして、残りの人生、時間もなくなる。彼らはもう死ぬまでそんな生活を送るはずです。

若いあなたは、惨めだと思いませんか?あなたはギャンブルというものに取り憑かれ、見ず知らずの他人と台を横にして、あの人は勝ってるとか、負けてるとか、一喜一憂する。そして、自分も負けていると、

「なんで自分だけこんな負けるんだ」と思う。

ギャンブルで増やした金は、必ずギャンブルに消えます。

たとえ5万円が10万になったとして、浮いた5万を他のことに使えたとしても、おそらく残りの5万はギャンブルに使います。そして、なくなります。つまり最初からの5万。あなたはラットレースを繰り返しているだけなのです。

ギャンブル依存症であることを自覚しましょう。

手持ちが少なくなってくると、

「ここまで来たらもうどうにでもなれ」

そう思いますよね?でもそれは違います。

例えば、4万円の負けと5万円の負けは同じではない。その1万円があれば、次の給料日まで生活できます。ただ、0円では生活はできません。ご飯も食べられないし、電車にも乗れません。

残り1万円、残り3000円でも、自暴自棄で無意味に使わないでください。

今どうやって軍資金を作ろうか考えていますか?

あなたは別に今、何かに追われてはいません。

今日明日までにどうしてもお金を作らなければならない理由がありますか?

お金が手元にない不安だけで、ギャンブルの口実にして、今日の金策を考えていませんか?

”無い時は耐えるんです。””無いものはない。”そう認めて、とにかく我慢・倹約するんです。

他にやらないといけないことがありませんか?

仕事は先回りしてやっていますか?

もし気がかりな仕事があるならば、今やりましょう。どうせ今お金はないんです。であれば、一度仕事に集中して、やるべきことから済ませましょう。

家の掃除はできていますか?雑巾があれば掃除はできます。綺麗なお部屋でのんびり過ごしたい、そう思いませんか?

改めて言いますが、ギャンブルをやらなければならない理由、義務はありません。

あなたは誰かにギャンブルをやるように命令されていますか?ギャンブルでお金を増やさないと誰かに殺されますか?

誰もあなたにギャンブルをやって欲しいなど頼んでいません。パチンコ店目線でもそうです。店長があなたに来て欲しいと言いましたか?あなたは別に呼ばれてないんです。自分の意思で行って、負けているだけなのです。

お金はいくらあってもキリがありません。ギャンブル依存症でなくても、みんなお金は欲しいです。ただ、あなたのやっている行為は、お金を減らす行為です。それも急速に。なんの見返りもなく。

依存症は克服できますが、克服するためには意思、目的が必要です。大袈裟でなく、あなたが生きる意味、目的です。

死を意識していないから、あなたは負ける。という記事を書きました。改めて読んでみてください。

ギャンブルをやめられない最大の理由は自分の死を意識していないから
あなたがギャンブルをやめられない理由は何ですか?お金が欲しいから?ストレスが溜まっていて発散したいから?純粋にギャンブルが好きだから?暇だから?それとも全部?私は冷静に考えて、全部当てはまりました。時には、お金が欲しい、時...

1日1日を大切にしましょうとしか言いようがないんです。お金と同時に、あなたの貴重な時間がどんどんと削られているから。

もしあなたかギャンブルで勝ったなら、誰かにご馳走してあげてください。プレゼントをしてください。それは、物や思い出になります。その際にはギャンブルで勝ったお金で買ったとは言わないでください。

ただ、人に使ったお金は必ず帰ってきます。あなたは人にお金を使うことで、ギャンブルをやめられます。

ギャンブルとの向き合い方は一つではありません。そして、他人事ではなく、あくまであなたごとです。

あなたは自分を大切にして、依存と向き合い、幸せな1日を過ごしていきましょう。

ギャンブル依存症は必ず克服できます!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました