釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

ギャンブルを辞めるために良い習慣

前回の記事(ギャンブルを嫌悪化する方法)が非常に好評で、参考になったというコメントを多数いただきましたので、その続編を書いてみます!まだご覧になっていない方は是非そちらの記事も読んでみてください!以下リンクを貼っておきます。

ギャンブルを嫌悪化する方法
長らくギャンブルについて考えてきました。どうやったら辞められるか。そして一つの答えに行きつきました。それを今回ご紹介します!ギャンブルを目に見える形で嫌うこれが結論です。どういうことかと言う...

ギャンブルを辞めること自体は皆様も何度も考えたと思います。

辞めれるものなら辞めたい、自分の意識の中からギャンブルという存在そのものが無くなってしまえばいいのに。そう思う方も多いでしょう。

長い目で見てギャンブルが勝てないことはほとんどの方が分かっていると思います。もし勝ち続けられている方、それで生計を立てている方がいれば、プロを名乗ってください。何も心配ありません。あなただけの必勝法があるのでしょう。それは私にはわかりませんが。

ギャンブルを純粋に楽しんでいる方がいれば、それもまた問題ありません。生きていくということは、そもそもギャンブルです。お金をかけて増えた減ったと一喜一憂することは当然楽しいですし、興奮します。その感情を適度に味わうため、週末の大きなレースだけ競馬をする方や、月に1回、半年に1回だけ、たまーにパチンコをうちに行く、という方も問題ありません。あなたは自分の生活の中に、うまくギャンブルの面白さを取り込めている方です。素晴らしいと思います。

私が、ずっと書き続けている記事はそういう方向けではありません。

ギャンブル依存症の方

向けの内容になっています。恐らく、この記事を読んでくださっている方はほとんどその類に悩まされている方だと思っています。でなければ、こんな記事読みませんよね。。。

とかいう私も、それに漏れず、ギャンブル依存症です。他人ごとではなく、自分のこととして、このブログを続けています。発信と併せて、戒めです。自戒です。

ギャンブル依存症の恐ろしさについても、これまでの記事で多く語ってきました。

正直そろそろネタ切れ感もでていますが、同じような内容でも記事を書いているときの感情は少しずつ違いますし、見る方にとっても少しずつ感じ方が違うと思いますので、1年は続けていきたいと考えています。

ということで、この記事をご覧の、ギャンブル依存症の皆様は、その怖さは重々認識されていると思います。でもやめられない。。。

今回は、私が取り入れて少しでも改善された、具体的な行動、習慣について、いくつかご紹介します。皆様の生活環境や、年代、資産状況などはそれぞれだと思いますので、必ずしもいいと思わない方もいるかもしれませんが、私自身は非常に効果がありましたので、ぜひ参考にしてみてください!

朝の習慣(軽い体操・うがい・トイレ掃除)

これについては以前一度、記事にしております。(朝の小さな習慣化)

朝の小さな習慣化
おはようございます。早速ですが、皆さん朝起きたらまず何やりますか?サラリーマンならすぐに支度をして、駅までダッシュですか?準備が早い人なら5分で家を出る人もいるかと思います。働く女性なら化粧に30分でしょうか?今回...

良かったらこちらもご覧ください。

ここにまとめますと、

  1. ベランダや庭に出て、深呼吸と首回し、腕を振る、腰をひねる、アキレス腱を伸ばす。
  2. 液体歯磨きでうがいをする。
  3. トイレ掃除を少しだけする。
  4. クイックルワイパーで玄関を軽く掃除する。

この4つです。

そして、私が感じているこれらの効果は、

  1. 体が目覚めてモチベーションが上がる。
  2. 風水的に金運が上がる。

この2つです。

1から4までかかる時間は多分5分から10分です。

ただ、効果は絶大です。

これを初めて約3か月経ちましたが、私自身、生きているという実感が非常にわいてきました。科学的な根拠はわかりませんが、なぜか落ち着くのです。一日を気持ちよくスタートできる、そう感じることで、ギャンブルへの嫌悪感が増すのだと思います。忙しい方でもできる簡単なことです。これは是非試してみてください!

早起きする

順序が逆かもしれませんが、これも効果ありました。

私は今までぎりぎりに出社するタイプの人間でしたが、この3か月は朝5時25分に目覚ましをセットして、必ず起きます。たまに布団でぼーっとしたいときはありますが、その場合でも40分には布団を出ると決めています。起きたらすぐに上の4つをこなします。

早起きが良いという人は多いと思いますが、これは事実です。まず、朝日を浴びるのがとても気持ちいい。人間の体はそうできているようです。朝陽を浴びると、体の細胞が一気に活動し始めて、前向きな気持ちになります。

ギャンブルをやろうという気持ちより、今日何やろうか、どんな楽しいことが起こるか、考えられるようになりました。

また、会社の出社も人より1時間30早くなりました。朝の作業は非常に効率がいいです。誰にも声をかけられず、自分のペースで仕事ができます。能動的に仕事をやっているという実感がわき、モチベーションが上がります。

人から言われてやる仕事はつまらないですよね。自ら何をしようか考えて、優先順位を決め、朝一で終わらせられることは非常に快感です。仕事がうまくいけば、ギャンブルへの感情も薄まります。そのためにも、朝の早起きは本当に効果的です。

感謝の気持ちを伝える。発信する。

これも意識してやっています。

感謝の気持ちが薄まるのは、ギャンブル依存症の最大の症状です。こちらも記事があります。

ありがとうが言えない
ギャンブル依存性の一つの傾向として、ありがとうが言えなくなることがあります。あなたは身に覚えがありませんでしょうか?この「ありがとう」と言う一言には、相手に対しての感謝の気持ちと共に、自分を省みて相手より遜(へりくだ)る意...

私は、どのようにその気持ちを取り戻そうとしたかというと、

ツイッターで朝と夜、皆様に感謝、幸せを願うツイートをすることにしました。

朝は、「今日も皆様に幸せが訪れますように、訪れます。」

夜は、「今日も一日お疲れさまでした。明日も皆様に幸せが訪れますように。」

この言葉を発信し続けています。

本来のツイートとは別に、定型的な文言ですが、あえてこの言い回しで、発信しています。

これは、皆様の幸せを願っているとともに、自分の感謝の気持ちを伝える練習です。本来は、周りの人に伝えるべきことかもしれませんが、そんなに人とのかかわりってないですよね?毎日感謝を伝えられる人がいれば、その人にも感謝の気持ちをぜひ伝えてください。ただ、そんなにいない、もしくは、恥ずかしくてなかなか言えない、という人はTwitterなどを利用することは非常にいいことだと思います。人の幸せを願える人になる、それはギャンブル依存症の克服のために非常に大切なことだと思います。

また、潜在意識を高めるため、たまに使っているのが、

私は幸せです。皆様に幸せが訪れます。

というような言いきりです。言い回しとしては、少し違和感感じますが、これもあえてこう呟いています。今自分は幸せだ、幸せはもう自分のすぐそばに来ている、そう感じることで、より強く意識できるようになります。

まとめ

以上、3つ書きました。

本当は、まだお伝えしたいことがありますが、朝の喫茶店で記事を書いており、仕事の時間が迫ってきましたので、今回はこのくらいで一度締めます。また続きの記事を書きたいと思っていますので、皆様ツイッターでコメントいただけると嬉しいです。

では、今日も皆様に幸せが訪れますように。必ず訪れます。。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました