釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

ない袖を振るな、迷惑をかけるな。

ギャンブル依存症

お金に余裕がある時、無い時、ありますよね。

特にギャンブル依存の人はその浮き沈みがかなり激しいことだと思います。

つい2.3日前まで財布に10万あったのに、今はもぬけの殻。そんな方もいるんじゃないでしょうか?

ギャンブル依存症にとって、お金がある時とない時では抱えるリスクがちがいます。

当然お金がある時の方が心に余裕がありますので、リスクは少ないですが。

それぞれのリスクについて記事にしてみました。

お金がある時のリスク

お金があって何がリスクなのかと思う方もいると思いますが、ギャンブル依存症にとってお金は麻薬です。

その辺の普通の人が思う5万、10万とはわけが違います。

まず、そのお金はあるようで無い。

つまり、そのくらいのお金は一度のギャンブルで簡単に使い切ってしまうと言うことです。

当然余裕があるので勝負も大きくなります。あっという間になくなります。もともとあった1万円も巻き込んで、気がつくと、5万の勝ちが6万の負けになっています。

さらにそれだけ負けたストレスは計り知れません。

使わなければあれができた、これができた、そう考えるので、必ず取り返そうとします。当然そんな簡単には勝てません。更に負けが込みます。

つまりお金のある状態でギャンブルを始めると負けた時の加速度がめちゃくちゃ早いと言うことです。

また、気持ちに余裕ができると、大切な支払いや大きな支払いを後回しにしてしまいがちです。まだあるから大丈夫、と考えて好き勝手使っているうちに、支払いに必要なお金にまで手をつけてしまいます。

家賃の滞納などがこれです。まとまったお金が必要なので、仮に5000円でもショートしていると、ギャンブルで取り返そうとしてしまいます。そして、負けが膨らみ、最後はなくなるまで勝負してしまうんですね。

お金がある時も本当に怖いです。怖いと思わないとだめです。余裕があるようで、余裕はありません。その点は、肝に銘じておきましょう!

お金がない時のリスク

これは言うまでもなく、ドン底です。

お金をなんとか工面しようと、嘘をつき、友達家族に懇願し、犯罪を犯します。

そしてかき集めた1万円をものの30分でゼロにします。

ギャンブルは心に余裕が無い状況では絶対に勝てません。少しの勝ちでは満足できないからです。これは投資にも共通する鉄則です。

金持ちが勝ち、貧乏人は常に負ける。

この構造に見事に当てはまるのです!

なけなしのお金が無くなった時の感情は、興奮ではなく、絶望です。先程述べた手持ちがあるときの負けとは違います。

この時の感情で、一番怖いのは、死を意識することです。

情けなく、全てがどうでもよくなります。仕事も手につかないし、大事な人のことも考えられません、当然生活費も無いので、生きていく活力は微塵もなくなります。

普通ではありませんよね。とても恐ろしいことです。

ない袖を振るな

結論そういうことになります。あるうちはまだいいです。貴重な時間やお金は必ずなくなっていきますが、それはあなたの自由。

ない袖を振り出したら終わりです。

他人に迷惑をかけるからです。

あなただけの問題では済まなくなるからです。

誰かに迷惑かけてまでやるギャンブルなんてありません。その人に何か還元してあげられるのですか?結局自分のことだけ考えていませんか?

どうしてもやりたいのなら、自由に使えるお金を貯めて、その範囲内でやりましょう。

ギャンブル依存症は必ず克服できます。そう思うことからです。そして、1日目を踏み出すことから。

あなたはきっとやれます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました