釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

ありがとうが言えない

ギャンブル依存症

ギャンブル依存性の一つの傾向として、ありがとうが言えなくなることがあります。

あなたは身に覚えがありませんでしょうか?

この「ありがとう」と言う一言には、相手に対しての感謝の気持ちと共に、自分を省みて相手より遜(へりくだ)る意味があると思います。

それは、無防備な幼少期から親に守られ、成長していく過程の中で、本来人間は自然と覚えていく感覚で、無意識にでてくることがあたりまえの言葉なんです。

ただ、私は大人になるにつれて、ありがとうが言えない人間になっていました。その原因は、

ギャンブル依存性だと思っています。

ギャンブル依存者は多くの場合、自分に引け目を持っています。

「俺はギャンブル依存性だ〜どうだ〜凄いだろ〜」

なんて思っている人は恐らくいないと思います。依存が原因で人に迷惑をかけたり、嘘をついたりしてますよね。そして誰かに対して、必ず「申し訳ない」と心のどこかでは思っています。

申し訳ないとは思うけど、ありがとうとは言えない。

心の中では感謝しています。困った時に助けてくれたり、こんなダメな自分を認めて一緒にいてくれる。そんな人は多くありません。ありがたいなあ、と心の中では思っているのです。ただ、とっさに出てくる言葉は「申し訳ない」という言葉だけ。

私もそうでした。

母親に対して、いつも口うるさいなと思っていました。悪いのは自分だと分かってはいるのに、どうしてもありがとうを口に出せなかったんです。

ギャンブル依存性はありがとうが言えないんです。それは、深層心理で、自分のプライドを守っているから。そして、自分を省みることが怖いからです。要は嫌なことからただ逃げているんですね。

ありがとうを言葉に出して言う

ありがとうの言葉を口にしましょう。ギャンブル依存性のあなたは特に、意識的に、それを言葉にして伝えましょう。遠くの人であれば、ラインやメール、手紙で伝えましょう。

ありがとうは、相手への感謝の言葉ですが、同時に自分への癒しです。ありがとうが言えれば、相手も自分も救われ、満たされます。

ギャンブル依存性の克服にはいろんな観点がありますが、今すぐ行動できることの一つに、感謝の言葉を伝える、という考え方はとても大切だと思います。

「ありがとう」

今日はこの言葉が100回言えると良いですね!この言葉が言えるあなたは本当にかっこいいですよ!

ギャンブル依存性は必ず克服できます!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました