釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

競馬とスロットを同時にやる怖さ

ギャンブル依存症

お疲れ様です。今回はこのテーマで短めにお伝えします。

私自身、以前の記事で書いた通り、パチンコパチスロ歴16年、競馬歴14年くらいになります。

社会人になる頃には、どちらもバリバリやるようになりました。

パチンコ打ちながら、競馬とFXをする。

こんな方、いませんか?恐らく、依存性クラスの方ならかなりの確率でご理解いただけると思います。

つまり、パチンコ屋でずーっとパチンコとかを打ちながら、スマホで地方競馬、中央競馬をイヤホンで聴いて、そして終いにはFXのチャートを見る。

所謂、トライアングルギャンブル依存性です。

これは本当に末期です。完全に重度の依存性です。

パチンコパチスロは通常時は暇です。その間に、平場の競馬もやる。園田競馬も、ばんえい競馬も。

こんな生活を私自身が実際にやっていました。

トライアングルギャンブル依存性の心理

この心理は、例えばパチンコで5000円負けていたとしても、競馬で一発5000円かけて、2.0倍の単勝取れれば取り返せる。そんな気持ちです。

つまり、競馬とパチンコの勝ち負けをミックスして同時にやってるわけですね。

基本的に競馬の方が当たった時のバックは大きくなります。パチンコスロットは500円、1000円が一単位ですが、競馬にはその下限がありません。なので、一発で3000円とか5000円をかけるんですね。

うまくいけば良いですが、競馬は片手間でやっているのもあり、まあ、基本的に当たらない。更に、パチンコの負けが膨れるのに従って、競馬も1000円で20倍の馬を買ってみたり、5000円で3倍の馬を買ってみたりと、リスクを取り始めます。そうなると、もう当たる気は正直していませんよね。自分自身でも。

そんな時に限って、鼻差の二着とかにくるんですよね。ストレスもどんどん溜まります。

そして、気がつくと、パチンコスロットの負け分よりも競馬の負けが膨らんでいるんですよ。

そうなったらもう取り返すのは無理です。

最近のパチンコパチスロは大勝は基本望めません。そのかわりに玉持ちがよくなっていたりします。つまり、

パチンコパチスロでは負けを垂れ流しながら、競馬では万単位のお金を失う。

という、最悪の展開が待っているわけです。そして、1日に10万負けなどの尋常ではない大負けが完成するわけです。

私のFXの話は、これまで出していませんが、これが加わると危険です。

為替は東京時間と言われる、お昼時は基本的に動きません。夕方からヨーロッパ時間になると、一気に動き出します。

そのため、昼間なら夕方以降に期待し、夕方なら夜中に期待して、ギャンブルの保険ができているものと、勘違いしてしまうのです。

為替については、また詳しく話す機会があると思いますので今回は割愛して話しますが、ここまで加わってくると、いよいよ100万単位の負けが現実になるのです。

とにかく、依存性の呪縛から抜け出そう!

色んなブログとか本を見ましたが、こうやってダブル、トリプルでギャンブルをやっていることにフォーカスした内容はほとんどありませんでした。

これが現実なんですよね。依存性のレベルを舐めてはいけない。他にも競艇、オートレースもネットで簡単に買える時代。さらに深みに陥っているかもしれませんね。

ただ、やったことない人や、評論家にはそこまではわからない。だから記事がないんだと思います。

私はリアルに自分がこの通りやってきたので、同じ境遇の方の気持ちや行動が、リアルに分かるのです。本当に他人事ではないので。

今回は短めですが、以上です!

とにかく、絶対に皆様一緒に呪縛から抜け出しましょう!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました