釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

会社との向き合い方 営業の方向け

日記

営業畑で働く、いわゆる営業マンに贈る会社との向き合い方について書きます。

今あなたが会社を辞めたい、とか仕事が本当に自分に向いてるのか?と悩んでいるのであればぜひ参考にしてください!

今の会社、仕事を続けることに意味があるかは、以下の3つの要素で判断すべし!

思い出すと、私が入社5年くらいでしたか、新卒なので、20代後半のころ。私の所属していた営業部の部長が、会社を去り、転職することになったのですが、その時の最後のスピーチで話した内容をご紹介します。

ちなみに、その部長は、プロパーではなく中途で入社しており、実力で営業部長の座まで上り詰めました。ただ、その上の統括部長や役員クラスはほぼ100パーセント、プロパーの人が選ばれており、彼の実力をしてもそこから先は簡単ではありません。これは大企業あるあるですね。

それが理由で去ったのか、聞いてはいませんので、どういう思いでこの言葉を言ったかはわかりませんが、彼が最後のスピーチで言ったことがこれからお話しする3つの要素です。

私自身まだ若く、その時点で、彼が素晴らしいとか、尊敬する、という感覚は特に持っていませんでしたが、この言葉だけは心に響き、今でも深く記憶しています。

不動産は好きか?

まずはこれです。ちなみに、私は不動産業界にいるんですが、彼が言った最初のフレーズがこれでした。

恐らく何が言いたかったかというと、自分が仕事にしているモノ、コトはあなたが好きなことか?ということです。

この世に職業なんて沢山あります。その中で私はたまたまこの業界を選びました。その選択で本当に良かったのか?変な話ですが、営業するだけならば、他のものも売れます。小売でも、アパレルでも、大根菜葉でも。

では何故不動産を選んだか。選ぶか。それは自分の中で落とし込んでおかなければ、いい仕事はできない。そう私は受けとりました。

営業は好きか?

これが二つ目。例えば私の場合、不動産は好きでも、それを営業することが好き、というのはまた別物だと言うのです。

たしかにそうです。我々の仕事もそうですが同じ仕事でも、総務や企画など営業以外の仕事もありますよね。それも立派な仕事です。今回は営業目線での話なのでご容赦頂きたいですが、営業が好きでなければ、人にものなんか売れません。営業という仕事に誇りを持って、自分のスキルを活かしていくこと。そこにこだわりを持つこと。これは非常に大切だと、今まさに感じています。

●●(会社名)は好きか?

これが最後の3つ目でした。

今の自分は会社に属して仕事をしている。所謂愛社精神ですね。彼も退社に際して、思うところは多くあったと思います。悔しい思いもしたと思います。それでも、去り際に会社への感謝、愛を語っていました。これが記憶に残っている一番の理由なのかもしれません。

同じ仕事でも、どこでやるか、誰のためにやるか、によって、仕事の質は大きく変わります。

彼はこの、3つの好きか?を投げかけてくれました。

もしあなたが、この3つ全てが揃っていれば、今の会社は最高だと思います。全身全霊で、仕事をすれば、必ず成功できます。ただ、もし、3つのうち2つならどうでしょうか?もしくは、1つしか当てはまらないならどうでしょう?

ひとつも当てはまらないなら、今すぐその会社は辞めていいでしょう。

答えはそれぞれだと思いますので、皆さん自身で一度振り返ってみてください!

好きこそ物の上手なれ

この言葉は有名ですね。何でも好きなら上達も早い。そんな言葉です。

今回のテーマは、仕事(サラリーマン営業)におけるその本質を3つ抽出したような話だと思います。

好きというのは、決して楽しいとか、ラクだ、ということばかりではありません。それらを乗り越えたやりがい、達成感も含まれます。我々はそれを知っています。だからこそ、好きなことはどんどんチャレンジして、新しい自分を探していきたいですね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました