釈迦道VS中国IT社長 激闘!!連絡待ちが続いている・・・汗

自信の無いパイロットの飛行機にあなたは搭乗しますか?

潜在意識・心理学

みなさんお疲れ様です。毎日ブログを更新するため奮闘しております!

とにかく一回でもバズりたい!そう思うこの頃ですが、そんなに甘くは無いですよね!

まずは、少しでも役に立つ記事、他には載っていない記事、皆様に役立つ記事を心がけます!

ということで、タイトルの、自信の無いパイロットの飛行機にあなたは乗りますか?

と言う記事です。

パイロット=プロ

ここでは、その意味で捉えてください。

我々は日々プロとして仕事をしています。そして、その対価としてお金をもらっている。

中には、自分はアルバイトだよーとか、ただのパートのおばさんですー。と言う方もいるかもしれませんが。それで誰からかお金をもらうということは、少ならからず、自分の体力、知力を使っているはずです。そんな方もお金をもらえている以上、プロです。

その仕事の内容に大小はあるかと思いますが、

対価としてお金をもらう=プロと言う認識で申し上げます。

パイロットは、命を預かる。

もし、あなたがこれから搭乗する飛行機のパイロットが、

「いや〜今日はちょっと調子悪いから、正直、無事に着陸できるかわかりません〜」とか、

「今日はいつもより天候が悪いですからね~、もし今日無事着陸できなくても、私の責任では無いですよ~。」

飛行機に乗る直前にあなたがそんな会話を耳にしたら、あなたはその飛行機に乗りたいですか?

確実に乗りませんよね。なぜかって?だって命預けてるんですから。

目的地に確実に到着できない飛行機には乗らないですよ。不安です。

ただ、実際には、パイロットはそんなことは言わないでしょう、、、。

これは、あくまで例え話です。

プロであれ

これは数年前に誰かにふとされた話のワンフレーズですが、私にはこの言葉が強烈に響き、未だに鮮明に覚えています。

確か、ソフトバンクの会長の王さんも似たことを言ってました。

「自分はプロだと自覚している。プロの野球選手なんだから、絶対ミスはしてはいけない。そして、100%の結果を残さないといけない。“たまには人間なんだからミスもするよ”と周りから言われることもありましたが、それはあくまで周りが勝手に言うことであって、私自身がそんな気持ちを持って取り組んでいたら、プロとして失格だ」と。

実際のお言葉とは少し言い回しは違うかもしれませんが…確かYouTubeの名言的な動画に、実際の音声でしゃべっているものがあったと思うので見つけてみてください。格言的なやつです。見つけたらリンク貼っておきますね!

↓見つけました!

王貞治 名言集】人間だから誰もがミスをする、そう思ってるからミスをするのだ。

 

わかります。私この言葉、よーくわかります。

我々は、プロとしてやるからには、まず完璧を目指さないといけないんです。特に、お客様からお金をもらう仕事に関しては責任が伴います。

最初から、出来上がりは7割、8割の出来でいいや、と思っているのはではプロでは無い!お金をもらう資格はない。ということです。

実際あなたの職場の同僚や、部下、上司にもそんな気質が蔓延していませんか??

もしくはあなた自身にそんな心の隙はありませんか??

まずは、絶対に大丈夫!私はプロだから。と、言い切れる自信とスキルを身につけなければなりません。そして最初に言い切ること。私に任せてください!!と。

結果ミスは起こるかもしれない

そして、現実、ミスもあるかもしれないし、うまくいかない時もあるかもしれません。ただ、それは結果です。何をもって失敗、ミスと思うかも、考え方次第です。

たとえそれがあなたにとってどうしてもミスだと思えることだとしても、その時は仕方がありません。人間だもの。。とでも言って、最後は切り替えればいいんです!

でも、最後の最後まで、自分が本当に100パーセントの力で取り組んでいたか?それを振り返るのです。

そして、私たちは成長していきます。本当の意味での失敗、ミスを経験できたのだから。

プロ意識、私も常に心に刻んでこれからも仕事に励みます!

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました